ようこそ「ウィッシュfan★トヨタ 値引き 燃費 価格 値段 中古車 下取り」へいらっしゃいました!このサイトは、トヨタ ウィッシュが今とっても気になっているとか、トヨタ ウィッシュの大ファンだ!またはトヨタ ウィッシュが大好き!トヨタ ウィッシュの値引き価格燃費新車とか中古車などの情報が欲しい!という方を対象に、様々なコンテンツを提供していきます。最近はネットで各種情報を得られたり、たとえば掲示板評判を検索したり、大変便利になりました。もちろん、トヨタ ウィッシュの最新情報を見つけ次第こちらで紹介したいと思います。いろいろと長くなりましたが、当サイトは細々と更新していきますので、今後とも温かく見守って頂けるとうれしいです。
日本人男性の、約6割が悩んでます。それは・・・←クリック!
日本人女性の、約8割が悩んでます。それは・・・←クリック!
必見!おトクなバーゲン情報が満載です!!・・・←クリック!
激安格安ノートパソコン比較情報リンク集・・・←クリック!
★ウィッシュ 中古車 パーツ 検索★
Topウィッシュ 紹介 >ウィッシュについて

ウィッシュについて

トヨタ ウィッシュ値引き、トヨタ ウィッシュの価格、トヨタ ウィッシュの燃費などトヨタ ウィッシュ情報をお探しの方へ。まずはじめにトヨタ ウィッシュの概要をご紹介します。(wikipediaより)

ウィッシュ (Wish) はトヨタ自動車が生産しているミニバン型乗用車である。

全幅が1.7メートル以下の「5ナンバーサイズ」を基本とする3列6-7人乗りのミニバンである。

販売面においては、イプサムが2代目へのフルモデルチェンジで大型化した事によりその後継を担う目的も与えられているが、初代イプサムとはエンジンの排気量が異なるほか、初代イプサムが「ファミリー」を重視したのに対しウィッシュは「スポーティ」を多く取り入れた内外装やグレード構成にするなど両車種の違いは少なくない。そのため、トヨタではイプサムの後継車種ではないと説明している。

当初は日本国内専用車だったが、タイ王国、台湾でも現地生産されている。

概要
エンジンは当初、1ZZ-FE型 1800cc(132ps)のみだったが、2003年4月には1AZ-FSE型 2000cc D-4(155ps)が搭載された。 トランスミッションはオートマチックトランスミッションのみで2リットルのFFモデルにCVTを、1.8リットルFFモデル及び、4WDモデルには4ATを組み合わせている。4WDにはFFと4WDオートモードの切り替えが行えるアクティブトルクコントロール4WDを採用している。

プラットホームはプレミオ/アリオンのものをベースに、ホイールベースを延長するなどの改良がされた。

スタイリングを重視した結果、スライドレールによりデザインに制限が出るスライドドアは採用せず、後席ドアも前席ドアと同じ前ヒンジドアになっている。

テールランプ・ストップランプ・ハイマウントストップランプにLEDを採用し、視認性を向上させている。

グレード構成
グレード構成はベーシックな“X”、上級の“G”を基本に、トップモデルとして、2リットルモデルにオーバーフェンダーと17インチタイヤ、シーケンシャルCVTを与えた、スポーティな“2.0Z”を据える。「2.0Z」はオーバーフェンダーによって幅が1700mmを超えるため、その他のグレードが5ナンバーなのに対して、3ナンバーとなっている。また1.8Lモデルにはスポーティグレードの“Sパッケージ”(2005年9月のマイナーチェンジで“Aero sportsパッケージ”に名称変更)、廉価グレードの“Eパッケージ”が設定されている。“2.0Z”では2列目シートにキャプテンシートを採用しているため6人乗り仕様となり、他のグレードでは2列目シートにベンチシートを採用するため7人乗りとなる。

ウィッシュの評価と売り上げ
ウィッシュのボディサイズは、2000年にデビューしてヒットしていたミニバン、初代ストリーム(ホンダ)のそれと全長、全幅、全高すべてが1mm違わず同値であり、コンセプト、デザインなども酷似している意見もあった。この点に関してトヨタ自身が認めたため、一部では非難の的にもなった。ただし、ストリームの良い点は参考にし、負の点は改善するなど研究もしっかり進んでおり、ストリームに比べ約5cm長いホイールベースにより居住性、使い勝手ではウィッシュの方が優る。さらに、内外装のデザインも洗練されており、多くのトヨタ車に共通するしっかりとした造り込みも健在である。

また、ウィッシュに対抗するためにストリームが大掛かりなマイナーチェンジを敢行したが、大規模な意匠変更が仇となって好みが分かれてしまったことなどもあって、実際の売り上げではストリームを遙かに上回るヒットを記録している。

派生車種のアイシスが発売され、他社からはラフェスタ(日産)などの強力な競合車種も相次いで発売されている。また、ストリームも2006年7月にフルモデルチェンジして2代目となったが、そんな中にあってもアイシスと共に好調な売り上げを保っている。

独立行政法人 自動車事故対策機構が実施する自動車アセスメントの衝突安全性能試験で運転席・助手席ともに最高評価の6つ星を獲得しており、ミニバンのなかでもトップレベルの試験結果を持つ。


posted by ウィッシュfan at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウィッシュ 紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4573441

この記事へのトラックバック